API仕様について

◎ 通信用Scriptをページに設置

基本タグ

ご契約後、対象アカウントのapi_keyを発行しメールにてご連絡いたします。
上記の①に発行されたapi_keyを記載し、scriptタグをTagpick利用ページに設置してください。

◎ 表示部分のjs作成

APIからJSONでデータが返却されますので、必要な値を取得し任意のHTMLを生成してください。

形式

項目 KEY
投稿ID media_uid
投稿日時 media_create_date
アカウント名 media_username
投稿文 media_comment
メディアアイコン画像ID media_id
投稿画像URL media_image_file
画像の枚数 media_image_count
画像の有無 media_image_exist
画像が複数枚あるか media_image_files
投稿のリンクURL media_link
投稿者が投稿時に付けたハッシュタグ media_tag
ビデオの点数 media_video_count
ビデオのURL media_video_file
取得指定したハッシュタグ user_media_name

(返却例)

(実装例)

オプションで「Tag−Picks 設置代行」をご用意しています。
ご希望の場合、お申込みフォームにて「設置代行」必要を選択してください。
(別途費用が掛かります)